ワーキングホリデーで働くには?

人気のアイルランドワーキングホリデーの申請資格

アイルランドは、豊かな自然とフレンドリーな国民性から、観光や留学の渡航先として人気を集めています。
そのため、ワーキングホリデーを利用して、働きながらより長くアイルランドの魅力を楽しみたいと考える人も多いようです。
ワーキングホリデー制度を利用するには、日本に居住している、年齢が18歳以上30歳未満である、扶養家族を同伴しない、滞在必要経費として使えるように50万円以上の預金がある、アイルランドへワーキングホリデーを利用して渡航したことがない、犯罪歴がない、などの条件を満たしていることが挙げられます。
最長1年間滞在することが出来、ヨーロッパ諸国を周遊したり、学校に通うなど、色々な楽しみ方ができます。
仕事の面においては、日本食レストランなども少ないため、語学力に自信がない人が職を探すのはなかなか難しいようです。
新聞広告や公共の場にある掲示板、インターネットや口コミなどで、目ぼしい仕事を探して見ると良いでしょう。

アイルランドでワーキングホリデーに行こう

アイルランドは、ワーキングホリデーの参加者に人気のある渡航先として選ばれる機会が増えてきており、英語圏の中でも住み心地が良いことが話題となっています。
また、就業先を比較的簡単に見付けることができるため、初めて海外生活を送る日本人にとっても大きな魅力があります。
ワーキングホリデーに参加をするコツについては、すぐに身に着けることが難しいといわれているため、専門的な業者にサポートをしてもらうことが一般的となりつつあります。
特に、言語の問題に関しては、各人の語学力などによっても事情が異なるため、可能な限り多くの学習機会を作ることが望まれます。
アイルランドの生活水準などにおいては、ネット上でもしばしば取り上げられることがあり、幅広い年代の日本人にとって興味深いテーマとしてみなされています。
今後も、ワーキングホリデーの機会を利用して、アイルランドの現地の事情について理解を深めようとする人が増えるとみられます。

Favorite

Last update:2017/6/15


Copyright (C) 2015 Working! All rights reserved.