ワーキングホリデーで働くには?

イギリスのワーキングホリデーの特徴とは?

留学について調べるとよく出てくるのがワーキングホリデーです。
これはビザの1つであり、日本とワーキングホリデー協定を結んだ国へ長期滞在できるというものです。
通常の留学と大きく違うのが勉強だけでなく働くことができるというポイントです。
そのため現地に溶け込みやすく生きた語学や文化を学ぶことができるのです。
協定している国の1つにイギリスがあります。
イギリスは2001年から始まった国であり、最長で2年間滞在することができます。
しかし発給数は1000名となっているため希望しても必ず行けるとは限らないのです。
対象年齢は18歳から30歳までとなっており1年でかかる費用は大体200万円ほど考えておくと安心だと言われています。
現地で働くこともできますが、ある程度の費用は準備しておく必要があるのです。
イギリスには世界的に有名な博物館など観光名所なども多く、歴史を感じながらも現代の雰囲気を楽しむこともできるのです。

見どころも多く楽しいイギリスワーキングホリデー

イギリスは、観光の見どころも多く、クイーンズイングリッシュを学べる英語の本場でもあるため、ワーキングホリデーの渡航先としても人気があります。
しかし、行きたい人が誰でも行けるわけではなく、応募するための資格があります。
申請時の年齢が18歳から30歳で、日本国籍を持っていること、初めてワーキングホリデーを利用すること、子供を同伴しないこと、1890ポンド以上に資金を持っていることです。
応募人数が多い場合は、抽選で選ばれることになります。
ワーキングホリデーでイギリスに行って、どのような職業につけるかは、英語力や経験によって変わってきます。
最も職を得やすいのは、日本食レストランのウェイトレスやウエイターで、美容師やネイリスト、マッサージ師など、手に職がある人も、語学力が十分ではなくても仕事が見つけやすいでしょう。
働くことによって、観光だけでは体験することのできない、生のイギリスを感じることが出来るでしょう。

recommend

最終更新日:2015/10/30


Copyright (C) 2015 Working! All rights reserved.