ワーキングホリデーで働くには?

友達づくりが目的のワーキングホリデーは失敗します

居酒屋のトイレでよく見るポスターといえば、自衛隊入隊の案内か、ピースボート、そしてワーキングホリデーです。
なぜ居酒屋のトイレに多いのでしょうか?現状に満足できずに鬱屈している若者が、居酒屋でビールを飲みあかし、トイレで酔っ払った頭で「自分はこのままでよいのだろうか?」と自問自答しているタイミングにこうしたポスターが目に入り、新しい決心へと至るのではないでしょうか?数十年前に比べ、海外へのアクセスは圧倒的に便利になりました。
若者の海外旅行離れが叫ばれていますが、特に女性層を中心に「ここではないどこか」の象徴として海外へ思いを馳せるケースは決して少なくないようです。
社会経験は乏しくとも、行動力と好奇心に満ちた若者にとって、ワーキングホリデーはお手軽な自己変革の手段として映るのかも知れません。
ただし、目的のない渡航は危険です。
ありがちなのが、海外に来たにも関わらず同じ日本人だけで固まり、一年間友達づくりに終始してしまうケースです。
ワーキングホリデーを決意する前に、改めて目的を見つめる時間が必要です。

友達とワーキングホリデーに参加しよう

ワーキングホリデーは、海外生活に憧れている若者たちにとって、絶好のチャンスとして位置付けられており、最近では友達と一緒に参加をする人が目立っています。
このような機会に渡航をするうえでは、資金をしっかりと貯めることが大きなテーマとしてみなされていますが、出来るだけ多くの人の体験談を読み通しておくことが勧められます。
ワーキングホリデーのメリットは、海外で長期間にわたって働きながら文化や言語を取得できることや、外国人とコミュニケーションを取ることにより、新しい価値観を発見できることなどが挙げられます。
ワーキングホリデーの期間に関しては、それぞれの年齢や目的などによっても大きく異なるため、少しでも分からないことがあれば、仲の良い友人などに相談を持ち掛けることが有効です。
また、労働の問題を解決するにあたっては、一人では難しいことがあるため、専門家などのアドバイスを受けることもコツとして挙げられます。

Valuable information

2015/11/19 更新


Copyright (C) 2015 Working! All rights reserved.