ワーキングホリデーで働くには?

ワーキングホリデーに必要な期間とは?

若者の海外旅行離れが叫ばれて、ずいぶんと時間が経っている気もしますが、女子を中心に未だにワーキングホリデーの需要は高まっている様です。
カナダ、アメリカ、オーストラリアなどの主要な人気国は顕在ですが、昨今では身近なアジアにも高い注目が集まっているようです。
まず第一に優先すべきは、自分がどの言語を身につけたいか、ということだと思います。
単なる時間つぶしの自分探しで、結局現地で日本人とつるんで一年間が終わってしまった、というケースもよく聞きます。
もちろん、一年間、海外生活をすることは生涯に忘れえぬ体験となりますが、やっぱりその国の言語をそれなりにマスターして帰りたいものです。
出来ればビジネスレベルに高められるように。
そのためには、どれくらいの期間を現地で過ごす必要があるのでしょうか?プログラムによって、期間は設定されているようですがどうせなら長く滞在したいものです。
一方では、一度社会人を経験した人が短期間で渡航し、しっかりと語学力を身につけてくるケースも多い様です。
結局は滞在日数にとらわれず、本人の意欲がなにより重要なのでしょう。

ワーキングホリデーの期間で何ができるでしょうか

海外に長期で行ってみたいと思う人にお勧めなのはワーキングホリデーです。
年齢制限はあるものの、日本人であれば14カ国で受け入れを行っています。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどはお馴染みの行き先ですが、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、ポーランドなども対象国であり、韓国、台湾、香港のような近隣の国でもワーキングホリデーが可能です。
平均1~2年の滞在が許されるのですが、行きたい国によって受け入れてくれる期間は異なっていますので、事前に確認しておきましょう。
また、国によりワーキングホリデーのルールは違います。
一般的には滞在期間に現地の語学学校で勉強、現地で仕事、旅行の組み合わせになります。
人気のあるオーストラリアでは、1年間の滞在許可、学校に通えるのは4ヶ月以内、6ヶ月以内までなら同じ雇用主の下で就労が許されます。
イギリスは2年以内の滞在が可能で、2年以内までフルタイムで就労ができます。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/1/24


Copyright (C) 2015 Working! All rights reserved.