ワーキングホリデーで働くには?

ワーキングホリデーの魅力

海外に行くためのビザには観光ビザを始め、様々なものがありますが「ワーキングホリデー・ビザ」というのをご存知でしょうか?若者が海外に行くこと、もしくは受け入れることで広い視野をもつことができたり、協定を結んだ二国間が友好な関係を築くことができる、という目的の基制定されています。
ただし、どこの国でも良いわけではなく、二国間が協定を結んでいること(日本は、アジアでは韓国や香港、ヨーロッパではイギリス等)と、年齢制限がある等制約はありますが、条件さえ満たせば1~2年間滞在することができます。
このビザでは3か月程度の就労がみとめられていたり、語学学校に通うことができる、など少しずつ様々な経験を積むことも可能です。
語学が不安な人はまずは語学学校で学び、それから観光や就業などすることも良いでしょう。
少し働いてまた旅を続けることもできます。
就労ビザでも語学ビザでも観光ビザでもない、それぞれの良いところを少しずつ併せ持ったワーキングホリデービザで、若いうちに色々世界を知り、自分の可能性を広げる経験をするのも一つの生き方ですね。
日本ももちろん良いところがたくさんありますが、そのことを再認識するために一度海外で生活するのも良いかもしれません。

働きながら海外生活が送れるワーキングホリデー!

「ワーキングホリデー」という言葉を聞いたことのある人は多いはずです。
ワーキングホリデーとはビザの種類の1つになります。
二国・地域間の協定に基づいて、各々が相手国・地域の青年に対して、休暇を楽しむ目的で現地での生活費を補うための付随的な就労を認める制度です。
異国の文化に直接触れながら、語学の勉強をしたり、アルバイトをすることができます。
又、現地に長期滞在することにより、現地の異文化を理解することもできます。
語学留学ではないため、必ずしも勉強をする必要はありません。
仕事や旅行をしながら1年間自由に海外生活を送ることができます。
つまり、海外で生活しながら、学校に通う、旅行する、アルバイトをする、ボランティアをする等、多くの選択肢がある魅力的なビザです。
扶養する子どもがいないこと、子どもを同伴しないことが条件であり、年齢制限は18~30歳ですが、国ごとに多少異なります。
ワーキングホリデーといったら、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドといった国が思い浮かぶかもしれませんが、フランスやドイツ、韓国や台湾など、様々な国で経験することができます。
一度しかない人生、海外生活を送ってみるのはどうでしょうか。

pickup

大切な資産を有効活用することが可能です、是非ご利用ください。

不動産担保ローンを利用する

仲介手数料無料の売主物件など多数お取り扱い!

大磯 不動産

Last update:2017/10/12


Copyright (C) 2015 Working! All rights reserved.